簡単な時間管理術の作り方の3つの鉄則

LINEで送る
Pocket

桜井です。 いつも文章を読んでくださりありがとうございます。 今回は効果的な時間管理をするために 必要な3つ鉄則を紹介していきます。 本当に暇が好きな人は 「どうやって暇な時間にするか?」 を探し出してくる。 ↓ 情報・知識。 忙しい人 ↓ 口では「時間がほしい」いっていても 実は【忙しい状態がでいる】ことが心地いい。 空白の時間があると不安になり予定を入れたくなくる。 無意識に予定を入れたくなる理由。 ↓ 学生時代に刷り込まれた洗脳である。(習慣化) 学生時代は1〜6時限目など 時間管理がしっかりされている。 この状態が当たり前になっていて 大人になっても管理されるのが 当たり前の状態になっている。 「忙しい」・「自由」のどちらに 居心地の良さを感じられているのか? ↓ 本質的な要因。 忙しい人の特徴 「足す」ことだけを考える。 ↓ 1日24時間すでに予定が埋まっているのに さらに「足す」ことを考える。 ↓ 時間という【器】がいっぱいなのに 圧縮して予定を増やそうとする。 ↓ やることが雑になり思っている成果が得られない。 人生を変える成功のカギは 【行動】ではなく【習慣】。 続けることができない行動は意味がない。 ↓ 三日坊主などが典型。 大きな変化をしようとする。 ↓ 習慣にするために【小さいことを每日行う】 器を広げるためにはどうするか? ↓ 【捨てる】 余白を作りその間に新しいものを入れていく。 ↓ 【辞めることを決める】 【決断】 自己啓発セミナーなどは1日だけのモチベーションアップ。 ↓ 習慣にならないので意味がない。 ↓ 【習慣化させる仕組み化】が重要。 「なぜいつも忙しいと感じるのか?」 ↓ 常に新しい何かを始めと探しているから。 ↓ 新しいことを始めるには先に捨てることを決めてから。 ↓ 上手くいく人は【決断】してから【習慣化】させる。 大統領も社長もサラリーマンも主婦も全員1日24時間 ↓ 時間は平等。 ↓ 結果が出ている人は【やらないことを決める】 ・テレビを見ない。 ・ネットサーフィンをしない。 失敗例 ↓ 【意志の力を使おうとする】 例 「テレビを観る時間を減らそう」→失敗 人間の意志の力は弱い。 感情の生き物なので欲には勝てない。 どうするか? ①行動を変える。 ↓ テレビを観を見終わったらコンセントを抜く。 テレビを観るハードルを設けて面倒になって 視聴時間が確実に減る。 ②環境を変える。 ↓ テレビを処分or売ってしまう。 物質的に無くしてしまえば 【テレビを観ていた時間】が空く。 ↓ 新しい【身につけたい習慣】を取り入れる。 どうすれば効果的に時間を使えるようになるか?
  • ①何かを始める時は何かを止める。
  • ②意志ではなく具体的な行動を変える。
  • ③環境を変える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です