貧乏か?金持ちか?のたった1つの違い

LINEで送る
Pocket

貧乏か?金持ちか?のたった1つの違い 今回は「お金持ちになるためにどんな考え方」を思考していけばいいのか?を書いていきます。 何度も書きますがまずはこれを前提として考えてください。 思考→行動→結果→習慣 習慣にしたいなら結果を変え、結果を変えたいなら行動を変え、行動を変えたいなら思考を変える必要があります。理想の習慣を創ってきたいなら一番始めに根本である思考(考え方)を変える必要があります。 お金持ちはなぜお金持ちなのか? ↓ 「お金が大好きだから。」・・・思考が現実化している。 お金に困っている人は? ↓ 「お金を嫌っているから。」・・・思考が現実化している。 「そんなバカな。お金をいらない人なんて1人もいないでしょ。みんなお金は好きだけと金持ちと貧乏にわかれるんじゃないの?」 こんな風に考える人もいると思います。たしかに一理あります。 貧乏とお金持ちの考えかたの違いはこれだけです。 お金持ち 「お金に関してマイナスのイメージをもっていない。」 貧乏 「お金に関して悪いイメージをもっている」 貧乏な人はお金に関して良いイメージと悪いイメージをどちらもあり葛藤が起きてしまっています。 要は車の運転で例えるとアクセルとブレーキを同時に踏んでしまっている状態で前に進めなくなっています。 なぜ悪いイメージを持ってしまうのか? ↓ これまでの人生での浴びてきた情報。お金に関して負のイメージを植え付けられています。 「悪いことをして儲けている。」 「人生お金だけじゃないよね。」 「お金が原因で事件・戦争が起こった。」 自分自身お金は欲しいのだけれど、「お金を求めるのは悪いこと・卑しいこと」と考えてしまいやすくなってしまいます。 このブレーキがかかってしまった状態でビジネスをしても、「お金儲けは悪いこと」という思考では絶対に結果がだせません。 当たり前ですよね。自分がよくないと思っていることに全力で取り組める人なんていないはずです。 この考え方を変えない限りお金持ちになることは不可能です。 多くの人は「思考」ではなく「行動」変えようとします。どの商品が儲かるのか?など小手先のことを求めがちです。視野が狭いといえます。 短期的にはそれで結果が出ますがその商品がなくなったらまた探す必要があります。具体的な思考ではなくもう1つ抽象度を上げての思考が重要です。 考え方は「エアコン」のようなもの ↓ 部屋の温度を25℃に設定していた場合 部屋の温度が20℃に下がった・・・・エアコンが部屋の暖めて25℃に戻してくれます。 部屋の温度が30℃に上がった・・・・エアコンが部屋の冷やして25℃に戻してくれます。 お金(資産)で当てはめてみます。 例1 セルフイメージで資産0円だった場合 月末の支払いがここままだと払えそうにない。・・・・その穴埋めをしようと頑張る。マイナスにはなりたくない。 臨時ボーナス(幸運)で100万円手に入れた。・・・・「自分へのご褒美など」理由を探し出しその100万円をきっちり使う。 セルフイメージが0円なのでそこを保とうします。 セルフイメージで資産1億円だった場合 資産が1億円を切りそう。・・・・・・・・・セルフイメージ1億円を保とうと新規のビジネスを始めるなど頑張る。 臨時ボーナスでさらに1億円手に入れた。・・無駄な投資や失敗などをして1億円を使ってしまう。 資産1億円という居心地のいい空間を保とうとします。 どうすれば「考え方」を変えることができるのか? ↓ 繰り返す。習慣を創る。 これを知っていても99%の人はやらない。30歳以上になると更に厳しい。環境が固定化されやすいからです。 人間は「わかった」ということに喜びを感じます。 「わかった。」=「変えることができた。」という錯覚をしてしまいます。 「知っている」と「できる。」と同じことですね。「できる」状態でないと意味がないです。 人間は「わかった」ことを繰り返したがらない動物です。 なぜ? ↓ 「退屈」だからです。「それ知ってる」「もっとすごいこと教えて」となりやすいです。 人は無意識に嫌な感情からは逃れようとします。 なぜテレビの見るのでしょう?→退屈だから。 なぜ映画を見るのでしょう?→退屈だから。 なぜネットを見るのでしょう?→退屈だから。 ならどうやればこのジレンマから抜け出すことができるのでしょう? ↓ 環境を変える。 一番簡単なのが引越しです。今までの環境が大きく変わってきます。見る・聴くなどの情報。受け取る刺激。強制的に繰り返すことになります。 人間関係も同じです。今までお金に関してネガティブはイメージを持っている人達と付き合っていた場合、無意識でお金に関して負のイメージが入ってきていたはずです。このような人達と合わなくなれば聴く必要もなくなります。 その別れた場所にお金持ちと合う機会を増やせばお金に関して良いイメージが刷り込まれていきます。無意識にも影響を受けてお金が稼ぎやすいマインドになっていきます。 ネガティブな情報源を捨てるのも重要です。 テレビ・・・・経営者のほとんどはテレビを持っていないのが普通です。テレビを見てもお金持ちになるために必要な情報は皆無です。 新聞・・・・・どこどこで事件が起きた。世界の戦争があった。このようなことを知ったとしても自分の人生にはなんの影響もありません。お金と時間の無駄。 人生の総集編はその人の「思考部分」が現実化されるだけなのです。 長文読んでくださりありがとうございます。

2 Comments

A.SATO

セルフイメージが資産0円な人は、収入があっても0円になるように使いきる。
1億円のイメージの人は1億を保とうとする。
経験からすごく共感できると思いました。

返信する
mamoru

A.SATOさん

いつもコメントありがとうございます。

>セルフイメージが資産0円な人は、収入があっても0円になるように使いきる。
1億円のイメージの人は1億を保とうとする。
経験からすごく共感できると思いました。

経験しているのでしたらそれは財産となります。
自分事として捉えやすいので後はイメージを変えるだけで大きく飛躍できると思います。

セルフイメージを上げるにはこの書籍がオススメです。
是非参考してください

いつもありがとうございます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です