「どんな情報を発信していけばいいのか?」を解決する3つの方法

LINEで送る
Pocket

桜井です。

前回のメルマガで
【最短の時間と最小の努力で結果を出すならマネが一番早い】
という文章を書いたところ
沢山の意見をいただきました。

ありがとうございます。

ということで本日は
【「どんな情報を発信していけばいいのか?」を解決する3つの方法】
についての書いていこうと思います。

私が運営しているコミュニティの参加者さんから
こんな質問を受けることがあります。

「情報発信のネタが切れてしまったときはどうすればいいですか?」
「情報発信で何を書けばいいのか頭を悩ませるときがあります。」

私も以前は似たようなことで悩んでいたので
今回はその3つの解決法を共有したいと思います。

この3つの方法を取り入れることだけで
情報発信のネタ切れに困ることはなくなるでしょう。

解決策1:見込み客に聴く

めちゃくちゃシンプルですがこれが
最も重要なことかもしれません。

なぜなら情報発信の本質とは、
自分が言いたいことではなく
『相手が聞きたいこと』
を届けることだからです。

過去の私も含め多くの人は

「何を発信しようか?」

と悩みますが実はこれらは
適切な質問ではありません。

なぜならこの質問は
意識のベクトルが
『自分に向いている』
からです。

スポットライトが自分に向いている限り
情報の引き出しは自分の知っていることだけになり
情報発信のネタが受け取り側にとって
価値があるかどうかはわかりません。

またこのような質問をしていると
すぐにネタが切れてしまいます。

そうではなく、この場合の適切な質問は

「相手は何を聞きたいのだろうか?」

「相手はどんなことを伝えたら価値を感じてもらえるか?」

というような質問です。

質問の主語が自分なのか、相手なのか、
このたった1つの意識のシフトで
情報発信の質が一気に高まります。

その情報を届ける見込み客が、
「一体どんなことに悩んでいて」
「どんな不安を抱えているのか」
「どんな願望を持っているのか」

そうした見込み客の現実を直接聞くことで
自分が一体どんな情報発信をしていけば良いのか
一発でクリアになってきます。

もし見込み客に直接聞くことができない場合は?

ネット上でリサーチをすることも可能です。

・yahoo知恵袋や教えてgooなどの質問サイトで
どんな質問や悩みがあるのか検索してみる。

・Amazonなどでその分野の本を検索してみて
レビュー(評価)を読んで見てみる。

・読者さんなどがいればWebアンケートなどを作成して
そこで質問をしてアンケートに悩みや相談を書いてもらう。

などなど見込み客の現実を理解する方法など
アイデアは無限に出てきます。

ここで重要なのは
『思考を止めず解決策はいくらでもある』
と信じて行動し続けることです。

『見込み客に聴く』

この方法がもっともパワフルでシンプルな
解決策になりますので1番最初に挙げました。

正直これだけを極めれば
情報発信のネタ切れは
一切なくなるでしょう。

解決策2:自分の理想の未来をすでに叶えている人に会う。

こちらも超強力な解決方法です。

地理的な問題で会いに行けない人は
音声通話などでも大丈夫です。

自分が行っているビジネスにおいて
自分より優れた結果を残している人物は
それ相応の理由があります。

その成功の要因や最新情報を聞き出すことで
あなたの脳も自然にアップデートされ
そのうえあなたの情報発信の質も自動的に高まります。

その道のエキスパート(専門家)に積極的に会いに行き、
そして積極的に質問をして
良質な情報のインプット習慣を持つよう意識してみてください。

それらだけで情報発信のネタに困ることはなくなり、
また情報発信の質が高まるので、
周りからは一気に一目を置かれる存在になります。

やはりネットだけの情報だけでは限界がありますし、
『本当に価値ある情報はリアルにある』

このあたりを意識して行動をしてみてください。

この情報を得るための行動にかかる費用は
決して浪費でなく
『積極的自己投資』
ということも忘れないでください。

解決策3:日常からネタを探すアンテナを張る。

優れた情報発信者は普段の生活から
『ネタを探す意識』
を常に持っています。

街中を歩いているとき、
電車に乗っているとき、
お店で食事をしているとき、
買い物をしているとき、
誰かと会話をしているとき、

そうした日常の中から
情報発信をするためのネタは
いくつも山のように転がっています。

私達はマーケッターでありコピーライターなので、
どこに行ってもその意識がはたらきます。

書店に行ったら「どんな本が売れているのか?」
(市場ニーズはどこにあるのか?)

電車に乗ったらどんな広告があるのか?

タクシーにの乗ったらどんな広告冊子があるのか?

食事に行ったらそのお店は
立地や集客方法はどんなことをやっているのか?

居酒屋に行ったらサラリーマンは
いったいどんな愚痴や悩みを言っているのか?

などなど、例を挙げたらキリがないくらいですが
このようなマーケッター思考で
日常を送っているので
常に情報が自然と頭の中に入ってきます。

『普段からネタを探すアンテナを張る。』

このような意識を持つだけでも
情報発信のネタ切れに困ることはなくなりますので
ぜひ意識して日常を送ってみてください。

他にもいくつも解決策はありますが、
まずはこの3つを意識するだけでも
実践するだけで結果は大きく変わってきます。

情報発信スキルはこれからインターネット上で
ビジネスを行う人にとっては
絶対に必要不可欠なスキルです。

あなたも想像すればわかると思いますが、
誰の情報を見たり聞いたりしたいですか?

答えはいくつもあると思いますが
『自分(あなた)に関係があること』

これらの情報を不必要という人は
おそらくいないと思います。

これから情報発信を行い
あなたも影響力を高めていきましょう。

影響力が高まれば高まるほど、
人や富を得るなどのチャンスが
舞い込んできます。

あなたのビジネスの発展を
いつも応援しています。

ありがとうございました。

この文章が役にたった・面白かったら
下記のクリックをお願いします。

ブログランキングに飛びます
(1位にランクインできました。クリックありがとうございます。)

PS

「こんなテーマを書いてほしい」

という声がありましたら
是非私に教えてください

優先して文章をかいてみようと思います。

もし現状で悩んでいることでも
問題ありません。

文章をお読みくださりありがとうございました。

桜井

メルマガではさらに有益な情報を発信しています

 

メルマガではより濃い情報などを発信してます。

問い合わせフォームからのコンサルの依頼は全てお断りさせていただいております。コンサルの案内はメルマガにてお知らせします

→メルマガはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です