初心者向け電脳せどりで必須なツールと仕入先。効率的なやり方のコツとは?

LINEで送る
Pocket

こんちには。   今回は電脳せどりを始めるために初心者が必ず抑えておきたいツール・仕入先を紹介していこうと思います。効率化を図るために私自身が使っている商品もお伝えさせていただきます。   この記事を読むことによって、「電脳せどりって何から始めたほうがいいの?」という悩みは解決できると思います。是非参考にしてみてください。   初心者は有在庫(在庫を仕入れてから商品配送)をオススメしますが、電脳せどりでのリサーチが慣れてきて、評価をもらいアカウントが育ってきたら無在庫にも挑戦するのがいいでしょう。   店舗せどり編で紹介しているパソコン・プリンター・消耗品は除外させていただきます。読んでいない方は下記を参考にしてみてください。     →店舗せどりで仕入れための準備・ツール編   電脳せどりを始めるための設定5選
  1. パソコンブラウザ設定
  2. Chrome拡張機能4選
  3. 効率化商品
  4. 仕入先一覧
  5. リサーチ手順
 

パソコンブラウザ設定

電脳せどり行なうために、はじめに行ってもらうのはブラウザの設定です。   ブラウザとは? Windowsのパソコンの初期設定はインターネットエクスプローラーとなっています。   インターネットエクスプローラーは動作が遅く、リサーチを複数するために電脳せどりを行なうためには、絶対にGoogle Chromeにするようにしてください。   Google Chromeをするためのメリット2つあります。
  1. 動作が軽く電脳せどりのリサーチが効率良くできる。
  2. 拡張機能【無料】を追加することにより、リサーチの補助を行ってくれる。
  拡張機能は電脳せどりを行っていくには必ず必要な機能ですのでGoogle Chromeを絶対にインストールするようにしてください。

Google Chromeインストール手順

  1 こちらのボタンをクリック   2 Google Chromeをダウンロードを押します   3 Google Chromeを既定のブラウザとして設定する」のチェックを外して、「同意してインストール」ボタンを押してください。   4 ダウンロードとインストールが自動的に開始されていきます。   5 インストールが終われば、自動でGoogle Chromeが起動します。    

Chrome拡張機能4選

  上記でGoogle Chromeがダウンロードできたと思いますので、電脳せどりで私が使っている拡張機能を紹介していきます。   以前は他の拡張機能も複数使っていましたが、拡張機能が多くなればなるほど動作が重くなってしまうので、現在は下記の4つを電脳せどり用として導入しています。   それぞれの機能を解説してきます。
  1. ショッピングリサーチャー
  2. Keepa – Amazon Price Tracker
  3. Context Menu Search
  4. Keyconfig

ショッピングリサーチャー

  モノレート、FBA料金シミュレーター、ヤフオク、楽天市場、ヤフーショッピングなどにワンクリックで飛ぶボタンが追加されます。非常に便利な拡張機能となってます。  

Keepa – Amazon Price Tracker

  Keepaの便利な機能として挙げられることは2つあります。   1 Amazon本体の在庫状況が把握できる。   Amazon本体が出品している商品は、ほぼ98%以上利益が取れる商品がありません。仮に取れたとしてもすごく利益率が低いです。   ですので電脳せどりを行なうためにはAmazon本体の在庫状況を把握することが非常に重要になってきます。   Keepaでは過去にどれくらいの期間Amazon在庫の状況を見ることが可能です。   ピンク色がついている場所がAmazon本体が在庫があった状況となります。2月に在庫がなくなって価格が高騰しましたが、しばらくして在庫復活して元の価格に戻ってしまっています。   こういう波形の商品を仕入れる時は注意が必要です。   2 商品のトラックキングができる。  

Context Menu Search

  右クリックからメニューを選ぶことで指定のページに飛ぶことができます。 私は下記ページに飛ぶために設定しています。   「ヤフオク出品中」 「ヤフオク落札履歴」 「フリマ落札履歴」

Keyconfig

  ゲーミングマウスを使う場合はこちらの拡張機能が必要となります。   作業効率化には必須となりますので具体的な手法は下記を参考にしてください。

効率化商品

  こちらでは電脳せどりでのリサーチ効率化をするために使うべき商品を紹介していきます。   私は下記のゲームングマウスを使っています。 LOGICOOL オプティカル ゲーミングマウス G300s   電脳せどりでの一番のキモは1時間あたりどれだけの数のリサーチができるか?となります。   初心者の頃はリサーチの数で圧倒的に成長の時間が変わってきます。 ゲームングマウスを使って1時間あたり100件のリサーチ数。 ゲームングマウスを使わないで1時間あたり60件のリサーチ数。   仮に90日間、毎日1時間リサーチに使った場合 ゲームングマウス有り 9000件 ゲームングマウス無し 5400件 ゲームングマウス無しで9000件リサーチするには60日【2ヶ月分】遅れることになります。   どちらが成長できるか?一度考え得もらえればと思います。   →こちらの記事でゲーミングマウスの細かい設定方法の詳細お伝えします  

仕入先一覧

アマゾン ヤフーショッピング 楽天ショッピング ヤマダウェブコム(ヤマダ電機) エディオンネットショップ TUTAYAオンライン セブンネットショッピング ノジマオンライン イーベスト(ベスト電器) ヨドバシ.com ビックカメラ.com ソフマップ あみあみ ホビーストック キャラアニ ハピネットオンライン トイザらスオンラインストア

まとめ

上記が電脳せどり初心者が抑えておきたい知識となります。   まずは店舗せどりから行なうことを勧めていますが、「どうしても仕入れに行く時間がない」などの理由があるなら電脳せどりも同時進行でもいいかと思います。   電脳せどりの最低限これらの揃えることができれば始められます。   具体的なリサーチ方法などは下記で説明していきますので、是非参考にして頂ければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です