自分の才能の見つけ方。超一流だけが才能ではない。

LINEで送る
Pocket

桜井です。

今回も文章をお読みくださり
ありがとうございます。

今回のテーマは
【自分の才能の見つけ方。】
について書いていこうと思います。

こちらの記事ではあなたにとって
【才能の認識】を変えてもらうために
書いています。

記事を読んでいただければ
自分の才能に気付くことができるはずです。

どうぞよろしくお願いします。

・なぜ自分は才能がないと誤解してしまうのか?
・どうすれば才能を見つけることができるのか?
・相手の長所を探して褒めよう

なぜ自分は才能がないと誤解してしまうのか?

・問い
「あなたにとって才能があると感じるスポーツ選手を3人挙げてください」

イチロー(野球選手)
本田圭佑(サッカー選手)
錦織圭(テニス選手)

間違いなく世界トップレベルの才能を持っています。

トップレベルの才能

トップレベルの才能だけが才能ではない。

才能のイメージが高すぎる。

もっと身近なモノでも【才能】と呼べる。

【才能】のハードルを下げる。

才能は天才だけが持っている特別な能力ではない。

才能とは誰かと比較して優れていること。

例1
【小学生対象の算数を教える塾】

この時の必要な才能・スキル

小学生に教えることができるだけの算数の知識・才能

やろうとすればほとんどの大人でもできる

算数が苦手な小学生→神→算数ができるあなた。

小学生から見れば算数を簡単に解けるあなたは先生になれる。

あなたが教えて実際に小学生の苦手(問題を解決できれば)価値提供になる。

実際に塾などはそれを行っているにすぎない。

問題を解決することが価値提供になる。

問題
算数の問題を解けるようになりたい小学生。
解決策
私が教えて問題を解けるような考え方を教えます。

算数を理解ができれば解決できたことになる。(価値提供)

子どもの保護者から報酬をいただける。

例2
【高齢者向けのパソコン教室】

問題
パソコンの一連操作を憶えたい高齢者
解決策
指導をしてパソコン操作をできるようにする。

結果
パソコンを問題なく使えるようになれば問題解決。

才能を磨くには?

自分が長く続けることで才能が磨かれる。

長く続けることができることは
自分にその才能があったとも言える。


才能があるか?ないか?の判断

3ヶ月算数の塾に通うことができなかった小学生。

この小学生には「算数の才能がない」

好きではなかった。

「算数の才能がない」とうことがわかることが収穫。

自分が簡単にできることでも
才能がない人にとっては
それを習得するのは至難の業。

なんでもかんでもできないことは
気合や根性がないわけではない。

その子には向いていないことの可能性。

他のことをやればいい。

【誰でも必ず1つ以上は才能を持っている】

なのでどんどん違うことに
チャレンジすることに意義がある。

2回目で見つかる人もいれば
100回目で見つける人もいる。

めぐり合わせでしかない。

向いていないことをどんどん理解すれば
チャレンジし続ける限り
最後には必ず才能が見つかる。

長く継続できることが自分の才能。
チャレンジしてみて簡単にできることも才能。

才能見つけて磨くかは本人次第。

どうすれば才能を見つけることができるのか?

なかなか自分自身の才能は気づきにくい

なぜ?

自分にとっては簡単すぎること。
「できて当たり前」
「こんなこと普通でしょ?」

自覚できていない。

どうすれば才能を見つけられるのか?

人に聞く
「あなたから見て私のスゴイところってある?」

他人から見てあなたを羨ましいと思っている才能が絶対にあります。

「あなたって○がすごいよね」
「おまえって○の説明わかりやすいな」
「きみは○を簡単できて羨ましいよ」

このような言葉を言われたら才能がある可能性。

謙虚しないでそれが才能なんだと認める。

○を長年継続できていることも才能の可能性がある。

必ず人から聞く。考えてもでてこない。
「自分は当たり前できているので気づけない。」

相手の長所を探して褒めよう

今回は自分の才能の見つけ方を紹介してみました。

自分の才能も見つけのも大事ですが
相手も才能も発掘してあげましょう。

上司や知人を見て羨ましいことが見つかったら
それを相手に伝えてみる。

相手は当たり前にできていることだから
ピンとこないかもしれません。

「それはすごいことなんですよ」
と言ってあげれば照れくさいかもしれないですが
心の内側では必ず嬉しいはずです。

相手も長所を見ようとすると結果的の自分も得をします。

なぜかと言いますと返報性の原理が働くからです。

「こんな長所を見つけてくれた」
「あいつの良いところを言ってお返ししよう。」

そう思ってもらえれば結果的に自分の才能もわかりやすくなります。

人間関係も良好になりますし
チャレンジすることの不利益はないはずです。

是非参考にしてみてください。

今回も長文にお付き合いくださり
ありがとうございました。

記事が参考になったらクリックお願いします


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

 

メルマガではより濃い情報などを発信してます。

問い合わせフォームからのコンサルの依頼は全てお断りさせていただいております。コンサルの案内はメルマガにてお知らせします

→メルマガはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です