成功者マインドを創る方法

LINEで送る
Pocket

桜井です。

いつも文章を読んでくださり
ありがとうございます。

今回のテーマは
【成功者マインドを創る方法】
について紹介していこうと思います。

【理想のバランス状態を目指す】

理想とは?

両極端を避けてその時、その時で
最善の選択をできている状態。

理想はあくまで理想

人間には感情があるので
完璧な選択はいつもできるわけではない
(失敗もする)

ここで重要なのは【心構え】

「少しでも理想に近づけよう」
「どうせ無理なら諦めよう」

ここで成果が大きく変わる。
「目指し続けることが重要」

【バランスをとるのが大事】

みんな知っているができない。


「とにかくインプットが大切」
「まずは行動しながら経験しましょう」

両極端の意見。どちらも間違っていない。

何か1つの正解があるわけではなく
そのタイミングで常に選択しなければならない。

いつも勉強しかしていない人→行動が大事
行動のみしかしてない人→勉強が大事

極端を避けてバランスを取る。


強力な効き目がある抗がん剤

・がんを発症してる人には役立つ薬
・健康な人に投与したら毒となる

薬そのものが悪いのではなく
使うタイミングが適していない。

世の中には
「これが正しい」
「これは間違っている」
などの正解は存在しない。

相対的

成功者の言葉を鵜呑みすると道を誤る

成功者は口を揃えて言う言葉
「謙虚が大事」

言葉通りに受け取るのでななく
【なぜ謙虚が大事か?】の裏を考える。

昔は成功者は謙虚ではなかった。
(自信があった。)

謙虚↔︎自信

自信がありすぎると傲慢になる。

なので謙虚になることでバランスを保つ。

結果的に成功者になれる。

《ダメな例》

自信がない人

謙虚になりすぎると卑屈になる。

自信がない人は自信を持つことが重要。

バランスを保つ。

1ミリでだけでも昨日より自分は進化成長し続けていれば
1年継続するだけでも人生は大きく変わっていく。

できなかったことができるようになる。
自信がない人が自信をもつことができる。

10年後にはまったくの別人になることができる。

《感謝↔︎欲》        

いつも感謝ばかりしている人は上を目指している欲に
関する情報を入れてみる。

反対に欲ばかりで動いている人は
何かに感謝していってみる。

反対の情報なので居心地が悪い。
あえて反対の情報を入れバランスを保つ

居心地の悪いことこそが進化成長できるチャンス。

《勉強↔︎行動》

勉強ばかりしている人は
行動をしている人の情報取り入れる。

行動ばかりしている人は
勉強に関する情報を取り入れる。

バランスを取る

【成功≠結果】
(成功したといえるのは結果ではない)

結果が成功と言うならほとんどの人は成功を手に入れられない

お金の単位
月1万、10万、100万、1000万、1億

いくらお金が増えたら成功なのか?
結果を見ていたらキリがない。
上には上がいくらでもいる。

ナポレオン・ヒルの定義
【成功=過程】

〚成功とは今の自分より上を目指している過程の状態〛

成功に向かって1日1ミリでも努力をして行動し続けていれば
環境がどうであれ誰が何と言おうと【成功者】である。

絶対に到達できない理想の未来を目指して進化成長している
【成功者】

人生の成功の価値を決めるのは
【自分自身】

自分が死ぬ最後の時に
「いい人生を過ごせた」
と評価できるのは自分自身だけ。

「他人に評価しもらうために成功者を目指すのではない」

自分自身が「成功者」と思うマインド。

それがさらなる成功を引き寄せてくる。

自分の心が成功を引き寄せる磁石になる。

【成功者のマインド】

今回も長文にお付き合いくださり
ありがとうございました。

記事が参考になったらクリックお願いします


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

 

メルマガではより濃い情報などを発信してます。

問い合わせフォームからのコンサルの依頼は全てお断りさせていただいております。コンサルの案内はメルマガにてお知らせします

→メルマガはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です