年代別の成功法則の解説

LINEで送る
Pocket

桜井です。

今回も文章をお読みくださり
ありがとうございます。

今回のテーマは
「年代別の成功法則」
について書いていこうと思います。

成功の定義は人それぞれですが
今回は「自分にとっての成功」という
定義で書いていきます。

20代・30代・40代以降の3パターンに分けて
記載していきます。
どうぞよろしくお願いします。

成功を収めるためには年代別で参入市場が変化する。

まず私達の身体を大きく3箇所に分けてみます。

①身体
②脳
③心

成長するために必要なもの

①身体・・・栄養・・身体的「自立」18歳ころで成熟
②脳・・・・知識・・経済的「自立」20代以前
③心・・・・徳・・・精神的「自立」40代以降
相手を幸せにする。(また会いたいと思える人になる)

多くの人が勘違いしていること
「成功するためには知識・スキルが必須」

スキルはないよりはあったほうがいい。
しかし、最低限あれば高度なスキルはなくても成功可能。
スキルだけが成功の絶対条件ではない。

知識の面では若いほうが有利。
ネット環境が生まれた時からあった20代以前。

セルフイメージ=コンフォート・ゾーン(自分にとって居心地のいい空間)

周りの環境によって成長スピードが大きく変わる

20代
知識やスキルで勝負できる。
徳の話などは響かない。

40代
人徳によって勝負する。優位性がもてる。
20代の得意分野では勝ち目はない。

30代
知識・人徳どちらも行けそうなので迷う。
孔子の言葉
「40にして不惑」
※四十にして惑わずとは、四十歳になって、道理も明らかになり自分の生き方に迷いがなくなったということ。

40歳になると迷いなく進める。
逆説・・40歳までは迷っていい。

30代は迷うのが正常。
20代・40代は勝負どころがはっきりしている。

30代は頑張ればスキルも徳のほうも習得できる。

まずはどちらか一方を試してチャレンジ。
※迷う時間が一番もったいない。

○・・・そちらを極める
☓・・・ダメがわかる。逆で勝負する。

ナポレオン・ヒル
「思考は現実化する」

登場する成功者は全員40代以上

勝負すべき場所は
各世代有利になる場所でチャレンジする。
不利な分野で勝負する必要はない。

20代
知識・スキル

30代
知識・スキル
人徳
(スキルで勝負→徐々に人徳へシフトしていく。)

40代以降
人徳

今回も長文にお付き合いくださり
ありがとうございました。

記事が参考になったらクリックお願いします


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

 

メルマガではより濃い情報などを発信してます。

問い合わせフォームからのコンサルの依頼は全てお断りさせていただいております。コンサルの案内はメルマガにてお知らせします

→メルマガはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です