集中力を高めるたった1つの方法

LINEで送る
Pocket

桜井です。

いつも文章を読んでくださり
ありがとうございます。

今回のテーマは
【集中力を高めるたった1つの方法】
について紹介していこうと思います。

目標としている何かの成果をあげたいという時には
欠かすことのできない「集中力」の要素。

とあるたった1つの認識を増やすことができれば
圧倒的に集中力が高まる方法です。

是非参考にしてください。

集中力は生まれつきの能力なのか?

集中力は何から生まれるのでしょうか?
・努力?
・気合?
・根性?
・天性の才能?

これらは関係がない。

集中力を生み出すたった1つの習慣

【捨てること】

人間の能力は無限という意見もありますが
残念ながらそれは間違っています。
科学的にもはっきりと否定されています。

人の能力は有限です。
今後人が進化成長していっても
能力が無限になることはありえません。

能力が有限なのになぜ結果が違う人がいるのか?

過去の偉人。達成した成功者。

たった1つの違い
【捨てる習慣。やらない習慣】

集中力を使うための最重要器官。
【脳】

脳の働きも有限。

結果を出している人は沢山のことをやっているわけではない。

やらないことが圧倒的に多い。捨てる。
普通の人がやっていることをやらない。

脳・・・情報処理システム

普通の人
・テレビを観る
・ラジオを聞く
・新聞を読む
・ネットで情報収拾
・友達と話す

集中できる人
・それらはほとんどやっていない。(捨てている)


脳は1日に100の情報を処理できる。

普通の人
数多く情報を得ようとする。
・テレビ
・ラジオ
・新聞
・ネット
100しか使えない能力を全て使いきってしまう。
エネルギーが枯渇状態。集中力がなくなる。

集中できる人
上記のことをやっていない。
情報を入れてないのでエネルギーが余っている。
集中力も残ったまま。

成果を出すために深い思考や行動ができる。

集中できない人

いろんなことをやっている。

集中できる人

成果を出すための行動しかやっていない。
日頃余らせているエネルギーを一点集中させる。
これが集中力をアップさせる方法

集中力が生まれつきあるやないなどではなく
【脳が日頃どれくらい余裕を持っているか?】
で集中できるか?できないか?が決まる。

脳に情報を入れてしまった時点で
処理が始まってしまう。
余計な情報を入れないようにする。

集中力を高めたいなら
【何をしないか?】を決める

日頃の何も考えず行っている習慣。
周囲の人がやっているからやっている。

自分に問う
【本当に成果を出すために必要な処理なのか?】

捨てれば捨てるほど。成果を出しやすくなる。

【どんな情報を集めるか?ではなく如何に情報を集めないか?】

情報化社会にあっての情報自体には価値がない

価値は行動が生む。

情報をもとにした行動に移された場合。
もしくは行動によって形になった場合。

情報は多すぎるので邪魔になる。

なぜならそれほど多い情報があっても
行動にも形にもできない。

情報は少なければ少ないほうがいい。

0ではダメだが極論1あればいい。

1を全力で行動して形にする。

情報を知っているか?知らないか?には価値がない。

情報化社会・・・情報そのものに価値がなくなった。

価値を生むのは【行動】

1つ「コレだ」と決めたものに対して行動しまくる。

まとめ

今回は
集中力を高めるたった1つの方法
を紹介させていただきました。

集中力がある人のやっていること
・情報の遮断
・やらないことを増やす

これらを意識することによって
集中力が格段に上がってきます。

脳の処理能力が有限ということが
わかっていただければ幸いです。

今回も長文にお付き合いくださり
ありがとうございました。

記事が参考になったらクリックお願いします


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

 

メルマガではより濃い情報などを発信してます。

問い合わせフォームからのコンサルの依頼は全てお断りさせていただいております。コンサルの案内はメルマガにてお知らせします

→メルマガはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です