自己中な人。エゴはどのようにして生まれてくるのか?

LINEで送る
Pocket

桜井です。

今回も文章をお読みくださり
ありがとうございます。

今回のテーマ
「エゴの生まれる背景」
について書いていきます。

決してエゴがあることが悪いわけではなく
エゴが強すぎるのが問題という訳です。

エゴの生まれた背景を知ることによって
エゴの手放し方がわかってくるようになります。

是非参考にしてみてください。

今回の〚エゴ〛の定義。

自分が目立ちたい。
特別な存在でいたい。
重要な人物である。

頭の中で
「私が・私が・」思うようなこと

なぜエゴは生まれてくるのか?

エゴは本当の自分ではない。

後天的に身についた人工的に造られた能力。

仮の姿。

生まれたばかりの赤ちゃんにエゴはない。

世の中の99.9%はエゴを持って生きている。

0.01%だけがエゴのない悟った人。

「自分にも必ずエゴがある」
認めることが大事。

なぜエゴが造られたのか?

育ててくれた親にもエゴがあるから。

親もその親から育てられており
先祖代々受け継がれている。

モノゴトの真理
【人の価値は生まれてから死ぬまで価値は上下しない。】

自分と人を比べても価値は変わらないし優劣はつけられない。

しかし、人間はそのように感じることがなかなかできない。

自分はあの人より優れてる。
自分はあの人より劣ってる。

なぜ?

エゴがあるから。


夏は薄着。冬は厚着。
外観は変わっていても中身は一緒。
価値は変わっていない。

エゴの場合
・学歴、年収、肩書、人脈、
これらを沢山もっていても人間の価値は同じ。

親に育てられた子供は同じように教育を受けている。

3歳までに親にかけられる最も多い言葉
「ダメ」
「危ない」
「ちゃんとやりなさい」

記憶はないが3万回〜5万回ほど言葉を浴びている。
無意識に入り込み洗脳されてしまう。

赤ちゃんからしたら親が絶対の先生。

「自分が間違っているんだ」と錯覚する。

親が正しくて自分が間違っていると無意識に思う。

「自分がダメな人間なんだ」

親も未熟・・・親が未熟なのは仕方ない。その親も未熟だから。

先祖代々その方法で育てられているので
誰かが気づかないと負の連鎖は止められない。

自分がダメと思うと劣等感・コンプレックスができる。

劣等感を感じながらずっと生きていくのはツラい。

意識を2つに分けた。自己防衛本能。
・顕在意識(自分でもわかる)
・潜在意識(自分ではわかならい奥底の意識)

赤ちゃんのころの記憶は潜在意識の中に格納されている。
「なぜこんな卑屈な性格になってしまったのかわからない」

潜在意識にしまっておくことでいつも意識しなくて済む。
忘れてしまうくらいになっているから生きていくことができる。
常に意識にあるようだと辛くて生きていけない。

潜在意識にしまっておいてあるだけで無くなっていない。
日常意識していないだけで心の奥底には存在している。

劣等感・トラウマは心の奥底には中学生、高校生になっても
どんどん貯まっていく。

その貯まった劣等感は機会があれば晴らしたいと思っている。

「自分は劣っていない。優れている。」
証明したいということがエゴの根底にある欲求。

証明できそうな機会があれば披露したいと思っていく。
学歴、職種、スポーツ、芸術
エゴが強ければ強いほど何らかを成し遂げる可能性はある。

「悪いことではないんじゃないの?」

そんなことはない。

たとえエゴの力で一時的な成功を得て名誉やお金を得たとしても
本のこころのなかの気持ちはまったく晴れない。

なぜ?

エゴのために使っているエネルギーは汚れている。

怒り、憎しみ、劣等感を晴らすためのエネルギー。

エゴの解消ために動かされるもの
・欲望
・不安

エゴで成功するとエゴを引き寄せる。
周りにはエゴの塊の人しか集まってこない。

お金の実績でエゴが晴れた人には
お金儲けをしたい人が集まってくるだけであり
その人自身の魅力で集まっている訳ではない。

エゴがあるうちは本当の幸せは訪れない。

エゴを手放す必要がある。

まとめ

エゴはなぜ造られたのか?

親にもエゴがありそこで育てられたから。

親が悪いわけではない。
親もエゴがある親に育てられている。

99.9%の人はエゴに管理支配されている。

この世の中は学歴、年収、肩書を重視されている。

大事なのはエゴを否定することではなく
「エゴがあるということを認めること」

このことを自分が気づけば後の世代の
子供や孫は開放されます。

自分がその第一人者になることが重要。

エゴが造られたことがわかってくると
手放しかたもすんなり理解できるようになる。

エゴを手放す方法は次回。

今回の長文にお付き合いくださり
ありがとうございました。

記事が参考になったらクリックお願いします


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

 

メルマガではより濃い情報などを発信してます。

問い合わせフォームからのコンサルの依頼は全てお断りさせていただいております。コンサルの案内はメルマガにてお知らせします

→メルマガはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です