挫折したあとに這い上がれる人と這い上がれない人の違い

LINEで送る
Pocket

桜井です。

いつも文章をお読みくださり
ありがとうございます。

今回のテーマは
「挫折のあとの対応の仕方」
について書いていこうと思います。

失敗や挫折は誰にでもあることです。
その後の対応によって成功できるか?
までの道のりが変わってきます。

是非参考にしてみてください。

そのまま失敗する人・這い上がれる人との決定的な違いは?

【セルフイメージ】

セルフイメージが高い人、低い人
同じように失敗はします。

セルフイメージ高いから失敗しないわけではない。
低いと同じくらい失敗や挫折を経験する。

高い・低いの決定的な差。

セルフイメージが高い人は失敗した後
再挑戦を繰り返す。

成功するために必須な能力
・知識、スキル
・思考法(モノの見方)

どんどん行動していけば失敗の連続。

失敗の要因を探る。
知識や考え方を改めて再挑戦。改善。

挫折

自分に乗り越えられそうにない高いように感じる大きな壁。

セルフイメージ低い人の考え方
「やっぱり自分はダメだんだ・・・」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
セルフイメージ高い人の考え方
「あれ?おかしいな・・調子が悪いのかな?」
自分の頭の中ではすでに成功をイメージしている。

どちらも壁にぶつかる事実は同じ。

その後に再チャレンジするか?しないか?の違い。

セルフイメージの高低はいつ決まるのか?

セルフイメージの高さは生まれつきではない。


人との出会いや外部環境によってセルフイメージが決まる。
0歳〜18歳まで
親のセルフイメージが高いと子供も高い傾向がある。
若ければ若いほど影響を受けるので一番近くの親の影響が大きい。

18歳までに何からの成功体験を積めた人、積めなかった人で変化する。

・何かの勉強の教科で100点がとれた。
・何かのスポーツで1番になった。
・習い事や芸術コンクールで入賞した。

どんなことでもいいので成功体験を積んでいると
【肌感覚で成功できる体験をすでに経験している】
というのがわかるので圧倒的に挫折を乗り越えやすい。
成功できるイメージを持ちやすい。

逆に何もないと厳しい。
周りに成功者しかいないなど
強制的に環境を変えたりすることが
必要になってくる。

成功できないことは不幸なのか?

そんなことはない。

成功の恐怖は1番ではない。

1番は「死への恐怖。」

ブレーキがかかる人は
【実は成功してしまうのが怖い。】

なぜ?

成功者は孤独になる。

成功する人    1%
成功者しない人  99%

成功者しない人とは考え方や言葉の使い方が異なるので
大多数の人間と話が合わなくなってくる。共感できない。


小学生で勉強しかしない努力家の子供。
周りの子供は遊ぶの当たり前だから話が合わない。

成功者になることによるデメリット
・誹謗中傷のターゲットになりやすい。
・嫉妬や妬みの対象。
・成功すればするほど下に引きずる人も増える。

無意識でブレーキをかけてしまうことがある。
「成功して誹謗中傷受けるくらいならいいや。」

出るくいは打たれる。

セルフイメージが低いことによってこのような
被害を受けることもない。

どちらを選択するもの本人の自由。

成功することがその人にとって幸せか?どうかは別問題。

まとめ

今回は
「挫折のあとの対応の仕方」
ついて書いてみました。

這い上がるか?
這い上がれないか?

どちらを選択するのがいいのか?はその人次第です。

孤独に耐えることができないなら
みんなと仲良く生きていくもの
その人にとっては正解とも言えます。

挫折のした後にどちらを選択するか?の
参考になれば幸いです。

今回も記事を読んでくださり
ありがとうございました。

記事が参考になったらクリックお願いします


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

 

メルマガではより濃い情報などを発信してます。

問い合わせフォームからのコンサルの依頼は全てお断りさせていただいております。コンサルの案内はメルマガにてお知らせします

→メルマガはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です