自分の幸せに集中すればモノゴトは上手くいく

LINEで送る
Pocket

桜井です。

いつも文章をお読みくださり
ありがとうございます。

今回のテーマは
「幸せになるために理解しておくべきこと」
を書いていこうと思います。

最近私自身すごく大事だと思っていることがあります。
こちらを自問自答しています。
「これは誰の課題なのか?」

自分が追求するべきことはたった1つ

わかりやすい例えで親子関係で説明します。

・小学3年生息子
・その母親

息子がいつもゲームに夢中で家で勉強をしない。

「勉強をしないこと」

誰の課題なのか?

子供の課題。

親は
「子供と親の家族の課題ではないのか?」

勘違いしてしまう。

勉強をしないで得た不利益。
勉強をして得た利益。

どちらも息子の責任。

これを理解しておかないと
不幸な人が増えていく。

なぜ子供が勉強をしないのか?

勉強が面白くない。

それが正常。
好き好んで勉強する子供のほうが圧倒的に少ない。

勉強をするために「やる気」が必要になる。

なぜ「やる気」が必要になるのか?

やりたくないことを無理矢理やろうとするから。

幸せになるためにはやる気は必要ない。

やる気を出す時点で嫌なことをやっている。

なぜ親は子供に勉強をしてほしいと考えるのか?

親の古い価値観を押し付けている。

親もその親から教わってきている。

昔の常識。

良い高校に行って良い大学に行けば
良い会社に就職できる。一生安泰。

このような価値観を持っている。

現代にその考えはマッチしていない。

東大卒業してもフリーター。
弁護士になっても生きていくのが困難。

学歴があったとしても
成功できるか?できないか?
の保証は何にもない。

子供が漫画を好きならその夢を追わせてあげる。
漫画の才能があるかもしれない。漫画家で成功している人も沢山いる。

ゲームを時を忘れて夢中でやっているならゲームの才能があるかもしれない。
プログラマー。ゲームデザイナー。アプリケーション開発。

【勉強していない】
子供だけの課題であり親の課題ではない。

子供が勉強しないで困るのは実際は誰もいない。

もし子供に勉強の才能があれば何も言わなくても
能動的に自分から勉強をしている。

仮に好きでもない勉強を無理矢理やらせたところで
【絶対に成功しない】

「子供・親」お互いが不幸になる。

子供と親の意見が食い違った時。

ほとんどの場合は子供もほうが正しい。

なぜ?

親・・・「過去」を生きている
子供・・将来を見ながら「今」を生きている

課題を切り分けるのが重要。

【他人のせいで不幸になる】
このようなことはない。

なぜ?

「幸せ」は外から与えられるモノではないから。

「幸せ」は自分の内から感じられるモノ。

なので私達は
「他人の幸せまで責任を持つ必要はない。」

他人は他人の都合で幸せになったり不幸になる。

唯一の責任
「自分で自分のことだけを幸せすること」

他人が不幸を嘆いていた場合に幸せにすることはできない。

「どうにかしてあげよう」
このような責任はないし、それはできない。

冷たいように感じるかもしれないですが、
相手を変えようとすること自体が自分のエゴである。

他人が好きなことをやっているのに、やめさせようする。

それこそがおせっかい。相手にストレスを与えるだけ。

「他人は変えれない」と自覚する。

自分は自分の幸せを追求する。

自分が幸せになったら。

「相手は相手で自分で幸せになれる」
と信じてあげることができる。

人の人生に干渉しなくなる。

人の人生に干渉する人

間違いない不幸になる。

「こうすればいいのに・・」
「せっかくアドバイスしたのに・・・」

他人を変えられると思っている。

余計なお世話。

相手が動かないのでストレス。
相手は余計な小言を聞くのでストレス。

お互い不幸になる。

干渉してくる人は例外なく不幸。

自分の機嫌の悪さを発散するために干渉している。

本当の幸せに獲得している人は相手に干渉をしない

自分の幸せを追求しているから。

他人に干渉している暇がない。

そうすると相手も幸せになれる。

相手は相手で好きなことがやれる。

幸せな人と幸せな人が2人いればより多くの幸せを感じることができる。

「愛ある関係」の誤解。

☓自分を犠牲にして相手に合わせる。

本当の愛ある関係
「お互いありのままの自分でいられる」

まとめ

考えなければいけないこと
「自分の幸せに集中する」

誰かに意見をしたくなった時
「それは誰の課題なのか?」
を自分に問いかける。

今回も記事を読んでくださり
ありがとうございました。

記事が参考になったらクリックお願いします


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

 

メルマガではより濃い情報などを発信してます。

問い合わせフォームからのコンサルの依頼は全てお断りさせていただいております。コンサルの案内はメルマガにてお知らせします

→メルマガはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です