感情的にならないよう効果的にコントロールする方法

LINEで送る
Pocket

桜井です。

いつも文章をお読みくださり
ありがとうございます。

今回は感情の効果的なコントロール方法を
書いていこうと思います。

感情的になっている人って
周りから見ていると
とてもカッコ悪いですよね。

「そんなことでそこまで言わなくても・・」
「まあまあ落ち着いて」
「うるさいなー」

怒っている人だけが
ヒートアップするならいいですが
場の空気自体が悪くなります。

別の場所で笑い話をしていてるのに
そのせいで会話が止まってしまう。

感情的になるということは
周りにも迷惑がかかっていることを
イメージしておかなければなりません。

私自信もたまに感情的になってしまい
後で後悔することが昔はありました。

この感情をコントロールする方法を
意識的に使うことによって
感情的にならないようになりました。

是非あなたにも参考になれば幸いです。

そもそもなぜ感情的になるのか?


イメージしやすいように
今回は3歳の子供を持つ
お母さんの話として紹介します。

3歳くらいになると子供の
【自我】が芽生えてきます。

「外で砂遊びしたい」
「おもちゃを買ってほしい」
「お風呂に入りたくない」

このように子供心に思っていても
子供のほうもまだ言葉を
完璧に伝える日本語を持っていないので
すぐに伝えることができません。

母親からしては【わからない状態】
もし理解できたとしても
毎回毎回とは理解できるとは限りません。

・子供が何を要求しているのか?
・どうしたいのか?

子供はイメージだけはできているのに
母親に伝わっていない。

そういう状態が続くと不満が爆発

泣く。わめく。
(感情的が爆発)

ここまではどこの家庭にでもある風景。

問題はここから。

大人(母親)はどのように対応するか?

【何もしない。】が正解。

理由
【感情】と【論理】がぶつかった場合

【感情】のほうが圧倒的にエネルギーが強い。
論理より感情のほうが24倍も強い。

子供が感情的になっている。

親が論理的に言葉で伝えたとしても
子供には言葉が届かない。

台風に傘1本で突撃しているようなもの。

台風は過ぎ去るのを待つしかない

子供は泣いたりわめいたりすることを
そのままさせる。
怒りの感情を過ぎ去るのを待つ。

できることなら親のほうはその場から離れる。
近くにいることで感情の影響を自分も受けてしまう。

相手は仕方ないとしても
自分まで感情の影響を受ける
必要はない。

残された子供は
さらに泣いたりわめく。

それはそれで問題ない。
いつかは感情が落ち着く

ずっと怒っていることはできない。

感情を爆発することでスッキリする。

子供が冷静になって話をしたければ
その時に聴いてあげる。

「そんなことは知っている」
「それができないから困っている」
「怒りたくないし叱りたくない」

ここまでは当たり前に
知られていることだと思います。

なぜ親は知っているのにできないのか?

親が感情的になってしまう理由

【責任感が強すぎる。】

なので

【いい意味で無責任になる。】
という許可を自分に出す。

責任感が強い

・メリット

我が身に変えても子供の危機には
命をはって助けることができる。

・デメリット

子供に執着しやすい。

責任感が強い=相手をなんとかできる

相手をなんとかできるということは
支配・コントロールできると思っている。

子供の自我が芽生えていたら
まったくの別人ということを
親が受け入れる。

【人は絶対に管理・支配することはできない】

他人を支配しようとすると
相手または両者が不幸になる。

子供に対して
「親の言うことを聞けば愛する」
「言うことを聞かないなら愛さない」

条件つきで愛す愛さないを決めているなら
愛ではない。

恋という状態。

相手が自分の欲求を満たすから好き。
満たさないから嫌い。

本当の愛とは?

相手はどんな行動を取ろうが
結果を出そうが出すまいが関係なく
何も変わらずに接すること。

「泣いている子供」
「怒っている子供」
「笑っている子供」

すべてを受け入れることが愛。

いい意味で
【無責任になっていい】
という許可を出す。

親のせいで子供が
・立派に育つわけでもない。
・だめに育つわけでもない。

もし親のせいで子供が立派になる。

親が子供を変えることができる。

【それほど傲慢なことはない。】

親がダメでも立派な子供は育つ場合もある。
親が立派でもダメな子供が育つ場合もある。

親がどうかは関係がない。

子供も1人の人格者であり
親とは異なる才能や個性を持っている。

子供は子供の意志で自分の人生を創っていく。

親はそれを認め愛してやることしかない。

「親」という漢字

木の上に立って見る。

見るのが仕事。
変えたり指導をするわけではない。

最低限である身の危険は保証しつつ
あとは少し離れたところで見守ってあげる。

世間体が気になって
注意などをする場合はあるが
そんなのはどうてもいい。

もっと大切なこと。

【子供の自尊心】

子供からの視点
「自分は何をしても、しなくても親から愛されている」

それを感じることができていれば
子供自身の力で人生を切り開いていける。

【自尊心がない子供】

あとからどれだけ勉強をしても
【かならず打たれ弱い】
結果的に何もできない人間なってしまう。

子供にとってもっとも大切なのは
【自尊心】
自尊心があれば自信もつくし
セルフイメージも高めることができる。

親の仕事は観察すること。

まとめ

今回は感情をコントロールする方法を
子育てを例にとって説明させていただきました。

感情コントロールは子育て以外にも
どんな場面にも応用可能です。

相手が感情を爆発させたら
こちらは一歩離れて様子を見る。

たとえ正論を言ったところで
相手は納得してくれない。
相手を理解できるような言葉を投げかける。

どんな人にであれ理解できるよう心がければ
少なくても自分の感情はコントロールできます。

あなたの参考になればとても嬉しいです。

長文にお付き合いくださり
ありがとうございました。

記事が参考になったらクリックお願いします


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

 

メルマガではより濃い情報などを発信してます。

問い合わせフォームからのコンサルの依頼は全てお断りさせていただいております。コンサルの案内はメルマガにてお知らせします

→メルマガはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です