決断力を高める秘訣。NOが9割を理解する。

LINEで送る
Pocket

桜井です。

今回も文章をお読みくださり
ありがとうございます。

今回は決断力を高める方法を
書いていこうと思います。

 

結論を先に述べさせていただきます。
決断力を高めるためには
「YESの回数を増やす」
ということになります。

 

その理由はそれぞれあります。

決断をいう言葉を聞いて
どんなイメージを持つでしょうか?

・会社を辞めて独立企業する
・この人と結婚・離婚をする。
・田舎から都会へ引っ越しをする。
・美容整形をする。
・留学をする。

決断に対して大きなことばかりだと思いがちですが
人間の脳は小さい・大きいの判断は
できないようになってます。

 

決断は日常生活に当たり前に
些細なところで行われています。

・朝の二度寝をするか?しないか?
・コンビニで何を買うか?
・寄り道するか?しないか?
・一言かけるか?かけないか?

脳からしてみれば
【同じ決断】です。
大きい小さいはありません。

これを知っていないから
99%の人は決断力を高めることが
できない要因となっています。

 

決断は【人間の脳】の話です。
【人間の心】にとってはどちらでもいいのです。

心に関して重要なこと
・決断できたか?
・決断できなかったか?

どちらかしかない。
重要なのは結論だけ。
YES
NO

 

決断が遅い人は何事に対しても消極的。

チャンスが来た時決断ができない。

チャンスは自分の都合でくるわけではない。
チャンスは他人がもたらしてくれる。

チャンスが来た時に【決断できるか?】

決断力をつけることによってチャンスに飛び込める。

 

決断力をつけるためには?

日々の生活の中で小さな決断を
「YESにする習慣」をつけておく。

人間の本能は「NO」を選択するようになっています。

なぜ?

【YES】を選択するとやることが増えるため。

【NO】を選んでおけばやらないで済む。

本能は「サボりたい。めんどくさい。」
脳はやらない理由を見つける天才。

やらない理由を探し出し正当化。
「時間・お金がないからやめてよかった」
「今は決断するタイミングじゃなかった」

脳が選択する9割は【NO】。

意識して【YES】にしないと決断力は高められない。

「迷ったらやってみよう。」
という考えが重要。

仮に失敗しても「経験できた」と考えれば
特に支障はない。

すべて【YES】というのも間違い。
それは思考停止状態。
自分の中で取れるリスクを考える。

 

決断力を高める方法
まとめ

1
日常生活の些細な選択をすぐに決断。
即断即決。


【YES】意識して習慣にする。
迷ったらとりあえずやってみよう。

今回の長文にお付き合いくださり
ありがとうございました。

記事が参考になったらクリックお願いします


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

 

メルマガではより濃い情報などを発信してます。

問い合わせフォームからのコンサルの依頼は全てお断りさせていただいております。コンサルの案内はメルマガにてお知らせします

→メルマガはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です