ビットコインの歴史・企業の未来は?

LINEで送る
Pocket

いつもありがとうございます。

今回はビットコインの歴史について書いていきます。

そもそもなぜビットコインができたのでしょうか?

それは【信用できる機関がない】というのが大きな理由です。銀行・証券会社などは以前にバブル崩壊やリーマンショックを発生させ信頼は大きく揺らいでいます。どこかの機関に任せるくらいなら【皆で監視しあいながらお金の運用をしよう】とビットコインが徐々に注目をされるようになりました。

2008年 リーマンショック

2009年 「論文」を中本 哲史という人名で発表される。
「論文」・・中央銀行や国家を介在することなく通貨を発行することができるという仕組み。
それがブロックチェーンという仕組みとなります。

ブロックチェーンの仕組みはこちらから参照できます。

ブロックチェーンの仕組みとは?

ビットコインができた当初は当然ながら【信用】がありません。電子上のデータ(数値)の羅列のみです。はっきりいって子供のおもちゃのお金と同じような価値ということになります。

世界初のビットコイン(ブロックチェーン)の取引で発表されているのが、1万ビットコイン=ピザ2枚と交換されたと言われています。

アメリカでの交換ですが仮に日本円ということの価値で置き換えてみると・・・
ピザ・・・・・・・1枚 1000円×2 2000円
1万BTC・・・・・0.1円の価値

しばらく時間が経過していってビットコインが世界に注目が集まった事件が起こります。

【シルクロード】=闇サイト
GoogleやYahooから検索できるようなサイトではなく公にはできないそのサイトのURLを知っている人達だけが閲覧できる秘匿性の高いサイトです。薬物の取引などに使われいて一般には閲覧することができないサイト。

そこで禁止薬物との交換の道具としてビットコインを交換していました。このサイトでは薬物の交換の道具としてアメリカドルでは受付しておらず【ビットコインのみ】で交換していました。薬物をほしい人はドルをビットコインと交換して取引を余儀なくされここでの通貨がビットコインとなります。

販売者はビットコインを後からドルや海外通貨などに交換して利益を得ていました。マネーロンダリングとしてビットコインを活用しています。

なぜこんな面倒なことをするかというと?

直接ドルで取引を行うと販売者には一気に膨大ドルを手に入れることにより警察などに目をつけられて、「そのお金はどこから得た?」と聞かれた時に答えようがないからです。ビットコインにしてしまえばまとめてドルや海外通貨に換金しない限りバレるようなことがないと考えたからです。

ですがこのことがバレてしまい首謀者が捕まることによってニュースになり【ビットコイン】が世界で大きく報道されてみなが認識するようになりました。

ここで中国人がビットコインに目をつけました。中国ではマネーロンダリングが大きな問題になっている国なのです。

中国の政治体制

中国共産党の一党独裁体制なために強い力をもっているのは中国共産党の役人の人達です。彼らが1番権力をもっています。

そうしたときに中国共産党の役人達は強い権力は持っていますが給料はそれほどでもないのです。日本円で月収10〜15万円程度で公務員をやっています。

ですが中国は社会主義の国なので国が社会を管理しています。

①国が情報収集をする
②国が生産計画を立てる→「どこの企業に発注するか?の決定権がある」
③富の分配→平等な社会

資本主義→お金の私有が認めらている
社会主義→お金の私有が認めらていない(建前)

社会主義の中国には大金持ちがいないはずなのに実際には沢山います。少ない月収のはずなのになぜなのでしょう?

役人達は「どこに仕事を発注するか?」など強い権力を生かし【企業から賄賂】を受け取っているのです。

役人達は「自分が大金持ち」ということは公表できません。「なぜ安い月給なのに??」と聞かれてしまいます。【賄賂をもらった】などとは言えません。中国で賄賂をもらう収賄罪は日本とは比べ物にならないくらいの重罪です。基本的に死刑となります。もし死刑にならなくてもまともな生活を一生ができません。

ですのでもし賄賂を受け取ったとしても中国の通貨【元】を使うことができません。

2012年から中国の習近平による【反腐敗政策】が始まります。賄賂や収賄の行う人達を徹底的に排除する政策です。多い時には1日500名以上の逮捕者が出たほどです。2012〜2017年までに25万人以上の逮捕者が出ています。それぐらい中国という国は収賄という問題が密接に関係している国なのです。

決して中国人の民度に問題があるわけではなく、国が強大な力をもつ【社会主義】のほうに問題点があります。習近平が【国民が富を築くことを絶対に許さない】という徹底ぶり無茶苦茶な政策を行っているのです。

日本の例をとってみると収賄を受け取った政治家は1年に何人逮捕されたと報道されるでしょうか?多くても数十人程度だと思います。中国の場合は多いときで1日500人となると大きな問題となるのがわかると思います。

中国の政治家は通貨の【元】を沢山もっていたとしても一気に使ってしまうことができず困っていました。そこでマネーロンダリングをしたいという役人が数多くいるのです。ここでビットコインに目をつけマネーロンダリングしようと考えたのです。

中国では3つのビットコイン取引所が開設されました。ブロックチェーンは匿名性が高いので一度換金してしまえば誰が交換したか?わかりにくくなってます。なので賄賂を持っている中国人がビットコインを買い始めました。

中国人達が大量にビットコイン買うことによってビットコインの価格が上昇して世界からの注目が集まることになりました。1BTCが12万円まで上昇したと言われています。元々は0.1円の価値だったので120万倍まで上がったということになります。

ここまで世間の注目があつまったことによって中国の政府が【マネーロンダリングで使われるのではないか?】と思い中国の3つのビットコイン取引所は閉鎖されてしまいます。現時点では中国国内ではビットコインを買うことができなくなってしまいました。これによりビットコインの価値の下がり半額に6万円まで下がりました。

 

2017年1月

日本で注目が集まりだします

2017年1月(1BTC=8万円)
仮想通貨業界の全体の時価総額:2兆円
ビットコインの時価総額:1兆円

日本のメデイアなどで大々的に紹介され認知されるようになりました。総人口の60%以上がビットコインを認知するようになりました。

2017年11月(1BTC=60万円)約7倍強

2017年12月(1BTC=60万円)→100万→220万 世間のピーク
仮想通貨業界の全体の時価総額:90兆円(1月の45倍)
ビットコインの時価総額:20兆円(1月の20倍)

この時点で利益確定をして売ってしまう人は圧倒的に多かったので価値はまた下がり始めます。

現在の時点で1番ビットコインを所有している人種が日本人です。ビットコイン所有比率は日本人40%と言われています。

中国人のビットコインを使う目的は【マネーロンダリング】のためでした。

日本人は?ギャンブルのためです。

意外かもしれないですが日本人が世界で1番ギャンブル好きなのです。

例えば【パチンコ業界】500兆円の国内総生産の中で25兆円を占めています。今は人気は下火になっていますが以前は物凄い勢いで成長していました。

日本人はギャンブルが大好きです。これは心の反動のようなものです。世界からの日本人の印象は【真面目】【勤勉】【誠実】となります。お金を稼ぐにはコツコツ頑張るなどの思考になりやすいです。

ですがココロは逆の反動を持つので【楽して簡単に稼ぎたい】という考えもあります。賭博は日本では法律上禁止されています。先進国の中で賭博罪があるのは日本だけです。

アメリカやヨーロッパでは賭博は問題なく行われています。自分のお金なのだからどれだけ損をしようが儲けようが自己責任で行ってというスタンスです。その代わりに【賭博で負けて借金をしたので助けて】ということは許さないということになってます。

ヨーロッパでは何でも賭けの対象にします。サッカーやテニスなどスポーツの試合の勝敗、時期大統領の選挙結果などあらゆるものを賭けの対象にします。

ところが日本では法律で禁止されています。社会の秩序や風紀を乱すなどの理由で禁止となっています。なので日本人は真面目にコツコツ働きましょう。とある意味社会の教育として価値観を植え付けられています。

日本人は仕事が嫌いな人も数多くいます。「お金があれば働きたくない」という人も沢山います。一攫千金を求めて宝くじを買う人が良い例です。

ギャンブル好きな日本人が目をつけたの仮想通貨となり、一攫千金を夢見た人達がビットコインを求め買い漁り価格高騰が起きました。

ビットコインの歴史は【マネーロンダリング】【ギャンブル】によって注目が集まった通貨でした。

仮想通貨が世間に知れ渡ったきっかけは決してポジティブなことによって注目を得たわけではありませんでした。今は仮想通貨の価値も安定しつつありギャンブル目的の人達は離れていき今後の動向に注目です。

世の中の歴史を見ていくと発達する技術には類似点があります。


インターネット

インターネット技術の最初の頃の目的は【軍事目的】でした。アメリカと旧ソ連での冷戦をやっていてその情報を盗むために技術開発されています。決してポジティブなイメージで開発されていた技術ではないのです。戦争の道具として使うためだったのです。
旧ソ連が崩壊しロシアへ変わった時にアメリカが戦争に勝ったことによりインターネット技術が1991年頃に世間に公表されました。

インターネットも最初の「怪しい」「怖い」など世間に言われなかなか浸透はしませんでした。ここで爆発的にヒットした要因は「男性の性欲」と言われています。インターネットであれば家から出ないで「アダルト動画」を見れる。定額の料金で見放題など有益なコンテンツよりインターネットが爆発的に普及していきました。ビデオのヒットしたときも「男性の性欲」が引き金になったと言われています。

徐々にインターネットの設備も整理されて健全な科学技術として世間に知られるようになっていきました。

これは仮想通貨に言えることです。元々はネガティブなイメージですが未来はインターネットのように科学技術の進歩によって何年後かは分かりませんが、健全な科学技術として認知されるようになるはずです。

現在のお金は「紙幣」より「データ」に移り変わりつつあります。カードやスマホなどでの支払いで現金を出す機会は昔に比べあきらかに減少傾向にあります。近い未来として全く現金を使う必要がなくなることになるはずです。大きな流れとして仮想通貨は伸びていくしかないはずです。

Amazon、eBay、Googleなどの時価総額トップランカーは情報関連会社(インターネット事業)となっています。トップ10のうち9社が情報系です。

科学技術が浸透していくのは1年など短期スパンではなく10〜20年スパンで考えるべきなのです。

中国ではビットコインは使うことができませんがスマホでの電子決済サービスの普及率が国民の半数以上にまで浸透しています。中国ショッピングサイトのアリババ・テンセントなどでもスマホ決済サービスが当たり前になっています。人によっては1週間で1元も使うことがない生活もできています。

日本でも大きな流れとしていずれはすべて電子決済サービスになることになるはずです。

仮想通貨が世界の主流になっていくとう流れは決して止めることはできません。

仮想通貨の知識を学んでおけばくるべきチャンスを掴むことも可能です。

後は行動に移すか?止めておくか?は個人の問題です。

Amazonの上場した時に株を買っておいた場合に現在では800倍になっているということです。仮に100万円分の株を買っていたら何もせず所持しているだけで20年後には800倍になっていたのです。8億円という大金に変わる可能性があったということです。

仮想通貨を学んで第二のAmazonのような株を買って所持していれば同じような未来も得れる可能性も十分にあるということです。

長文にお付き合いくださりありがとうございました。

記事が参考になったらクリックお願いします


にほんブログ村 ネットブログへ

 

メルマガではより濃い情報などを発信してます。

問い合わせフォームからのコンサルの依頼は全てお断りさせていただいております。コンサルの案内はメルマガにてお知らせします

→メルマガはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です