バブルを崩壊させた日本銀行の歴史

バブルを崩壊させた日本銀行の歴史

いつもありがとうございます。

今回はお金の歴史について書いていきます。

「お金のはたらき」をまだ読んでいない方はこちらの記事を先に参照してください。

基礎として知っておきたいお金の3つの基本原則

簡単におさらいをしておくと「お金の3つはたらき」は下記となります。

A 価値の交換

B 価値の尺度

C 価値の保存

今回は日本の銀行がどのようにして信頼を失ってしまったか?の歴史を紐解いていきます。

〈日本 江戸時代〉

江戸時代は江戸幕府がお金を発行していました。当時の時代はお金(ゴールド)の通貨として小判が使われていました。

江戸幕府は最終的に約260年間続くわけでだんだん江戸幕府の将軍たちは贅沢をしていくようになりました。江戸幕府は物凄い権力を持っていて多くの土地を支配し、国民から多くの年貢(税金)を徴収していたわけです。

江戸幕府は物凄い量の年貢を徴収していたにもかかわらず人間の欲望はキリがないので「もっと年貢をよこせ」と考えるようになりました。どんどん贅沢をしていってお金を使ってしまうようになっていきました。

どんどんお金を使っていくとさすがの幕府でも使えるお金がなくなっていきました。当たり前ですがお金は有限です。

ここで幕府は悪いことを考えるようになりました。

小判の原料となる金(ゴールド)の資源の質を落としていったのです。今までは1両を創るのに10g必要なだった場合に半分の5gで創れるようにすれば同じゴールドの資源で2倍の小判が創れるようになります。

それでもお金を発行するための金(ゴールド)の資源が足りなくなりやがて銀や銅の資源も使うようになっていきました。

江戸幕府は基本的には幕藩体制といって江戸は江戸が管理して、江戸幕府には服従している形でしたが薩摩は薩摩の大名が管理をするという体制を取っていました。江戸幕府に服従していれば政治自体はその大名が行うことができました。

その藩自体でも独自の通貨が発行されていました。それが(藩札)というものです。薩摩藩はその中では藩札という通貨で取引をしていました。

そして結局江戸幕府にも終焉を迎えて明治時代へと進んでいきます。明治政府が【日本銀行】を設立します。

雑学「BANK」をどのように日本語に訳すか?

2種類の候補が出た。
・金行・・金を扱うから金行→行は中国語ではお店と言う意味。直訳すると金を扱うお店。
・銀行・・当時は銀も流通していたので銀行。当時は銀のほうが流通量が多かった。発音的にこちらのほうが言いやすい。

以前に記載したゴールドスミスの件と同じように日本でも同じようなことがおき始めます。銀行が金・銀を預かり同価値として紙幣を発行しました。人々は金を持ち歩くより紙幣のほうが軽くて便利なので紙幣をお金として使うようになっていきました。

一方のアメリカでも同じようにアメリカ中央銀行(FRB)がお金の通貨として紙の紙幣(ドル)を発行していました。日本と異なっているのいる点は、日本銀行は政府が運営しているのに対してアメリカ中央銀行は民間企業ということです。 銀行のトップを任命するのはアメリカ大統領なので完全に切り離されているわけではありません。

アメリカで価値のある金を担保としてドルと交換できます。人間の欲求・欲望は無限ですのでキリがないのです。金は有限です。ドルをアメリカ以外での取引されてしまうとどんどんアメリカ自体のお金がなくなり金の他の国に移動してしまうことになります。そういう状態になるとアメリカという国が貧乏になってしまうので政府のほうが困っていきます。

時代の経過によって価値はどんどん創られていきます。ですが、価値の担保である資源の金は有限です。毎年毎年経済成長をしていくと資源の金のほうが不足していくようになってしまいました。

そこで当時のアメリカ大統領リチャード・ニクソンが世界秩序を変革する2つの大きな方針転換を行いました。【ニクソンショック】とは簡単に説明すると金(ゴールド)とドルの交換を止めてしまうことでした。

このことにより金とドルの交換できる担保がなくなってしまいました。この事例を他の国も真似するようになりました。以前は金=ドルの分でしか紙幣を発行出来なかったのですがニクソンショックにより銀行は理論上無限に紙幣を発行できるようになりました。

ここで疑問を持つ人はセンスがいい人です。「無限にお金を発行できるわけはない」と思う人です。ある人が100万円分のドルを預けたとします。預けた人は通帳の数値に100万と記載されていれば安心するのです。現代でもよくあることだと思いますが【引き落とし】の制度などを使えば紙幣を使わなくても数値だけの取引などがあるはずです。もし銀行にあるが0だった場合に貸し出せる金額はその人の100万円だけなはずです。しかし、(預けた人の99%は現金として引き出すことはほぼない)と銀行は知っているために100万以上のお金を貸し出すようになっていました。これが無限にお金を発行するカラクリです。

この事例によって銀行はどんどんお金を発行をするようになり、実質あるお金の10倍、100倍、1000倍のお金を貸し出すようになっていきました。これが【バブル】ということになります。

日本もアメリカの真似をしてお金を無限に貸出はじめます。1985年に【Japan as Number One】といわれるようになり高度経済成長の象徴でした。当時は日本国民1人の付加価値が世界1位にまでなりました。「今から日本の時代なる」との声が殺到しました。国民1人に焦点を当てればアメリカさえも抜いたということになります。

【これからは日本の時代だ】と言われるようになり、日本の土地や株が急上昇していきました。全世界から「日本の土地や株を買いたい」ということになればさらに価格が上がっていきました。ここまで騒がれるとそれまで土地や株に興味がなっかった経営者達も購入意欲を見せ始めます。それに対して湯水のように銀行はどんどんお金を貸し始めました。お金を貸すといっても紙幣を渡すわけではなく通帳に印字をするだけなので実質いくらでも貸すことができました。

1985年頃の日本は建設業・製造業の国でした。当時の【Japan as Number One】と言われた訳は冷蔵庫・テレビ・電子レンジ・自動車・クーラーなどの商品のクオリティが高く評価されていました。東南アジアなどから見たら戦争に負けてたった40年でここまで成長した日本は憧れの国だったのです。

当時の経営者の利益の計算式は下記のようになります。

売上(1億)-原価(3000万)-販売管理費(6000万)=利益(1000万)利益率10%

この数値でも十分有益ば利益率ですが苦労を考えるとあまりにわりが合わないと感じるようになってきます。それが土地や株を売ることによって簡単に利益を得ることがわかってしまったからです。


土地の転売
(分かりやすく説明するため手数料や税金は除外しておきます)

5000万円で土地を購入

1億円で販売(利益率50%)

当時は値段は上がり続ける信じていたので簡単に売れた時代でもありました。土地を右から左に流すだけで5000万の利益が得れるなら会社経営が面倒になるのもわかるはずです。

1億円で買った人は2億円で転売できると思っているので土地を購入しています。売れれば1億の利益。

2億で買った人は4億で売るために土地を購入しています。売れたら2億の利益。

こんなに簡単にお金を得れるなら会社を経営して真面目に働くのがバカらしくなると思う経営者もいるはずです。そこに銀行がお金を無限に貸してくれるので土地の価格がどんどん上がっていきました。

しかし、こんなことが続くわけもなくこんな事が起きるようになりました。どんどん土地の価格が高騰していき東京の土地の値段がアメリカ全土の値段より高くなってしまうようになりました。明らかにおかしな事例です。「そんなに価値があるの?」アメリカは日本の土地の大きさの25倍あります。東京という1つの場所がアメリカ全土より価格が高いってありえないことです。土地の価値は【人が住むことができる】ということになります。なので4億で売れた場合に8億で買ってくれないということが起きます。ここで都市神話が崩れ始めました。

ここでさらに大蔵省が総量規制という制度をかけてきます。波に乗った日本の起業がアメリカの土地を買収し始めました。三菱地所がロックフェラービルを任天堂が大リーグの球団を買収したりするようになりました。世界が日本の動きを見てBIS(国際決済銀行)が規制をかけるようになりました。銀行は8%のお金を保有して12.5倍までの金額までしかお金を貸すことができない制度になりました。これにより青天井だった価格の高騰を防ぐことができるようになりました。

しかし、この制度は海外取引のみに適応される制度です。日本からアメリカやアメリカからヨーロッパなど。厳密にいけば国内での取引では適応されない制度となります。この制度を見て日本の大蔵省も似たような規制をかけ始めました。それが総量規制となります。

そうすると困るのが高い金額で購入した経営者達です。8億で転売できると思って4億の値段で土地を購入した経営者。総量規制によって銀行からお金が借りれなくなりました。なので4億で買った土地が売れなくなります。以前に購入した4億も借金をして購入しているのでお金を返せなくなります。最終的には売れない土地と借金だけが経営者に残ります。こうしてバブルの終焉を迎えました。

銀行は信用だけを頼りに50倍、100倍、1000倍という感じで無限にお金を量産しバブルを作り出し、その幻想に飲み込まれた経営者達は踊らされ結果的にはバブルが崩壊して銀行は信用を失いました。

今回は銀行がどのようにして信用を失ったのか?をお伝えさせていただきました。長文にお付き合いくださりありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です