リサーチ思考法 Amazon輸入編

 

リサーチ思考法 Amazon輸入編

リサーチするキーワード選定

難易度順にして考えてみる
5段階選定

1 アメリカの流行りからのリサーチ

難易度 5

英語はさっぱりなので少し難しいがライバルは少ないかと思うのでまずはここから

2 Amazon以外のトップセラーからのリサーチ

難易度 4

楽天、ヤフショなどのトップセラーやランキングからキーワードを選定

3 Amazonライバルセラーからのリサーチ

難易度 3

マニュアル記載にあったようにAmazonセラーの質は高くなさそうなので優先度は低い

4 Amazonランキングからのキーワード

難易度 2

簡単にキーワードは選定できるが見ている人も多いのでレッドオーシャン。
無理してやることはなさそう。

まずはキーワードは少なくなってしまう可能性はあるがライバルが少ないところからキーワードリサーチをやってみる。
キーワードが見つからなそうなら難易度を下げてリサーチしていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です