共感力を高めることが成功への第一歩

LINEで送る
Pocket

桜井です。

今回も文章をお読みくださり
ありがとうございます。

今回のテーマは
【共感力を身に着ける】
について書いていこうと思います。

「子どもが話を聞いてくれない」
「生徒にいくら注意しても直さない」
「部下の問題点が解決しない」

あなたの言葉がいくら正論だったとしても
相手側が聞く体制がないと何を言っても
響きません。

どうやって聞く体制になってもらうのか?

今回紹介をしていこうと思います。

□理解には2種類ある

①理解なしの共感(99%はこちら)

類有の法則
(似ている価値観が集まる)

子ども=子ども
親=親
上司=上司
部下=部下
女子=女子

似たような境遇で似たような悩みを持っている。
理解をしなくても共感できる。
すごく楽。すぐに感情を共有できる。
居心地の良い空間。
本人がこれで幸せなら何の問題もない。

②理解からの共感(1%)

成功するために必要なこと。

本能の逆を行け。

自分とは全然違う価値観と違う人に共感する。

すごく大変。楽な道ではない。
理解をするために膨大なエネルギーを消費する。

困難を乗り越えた後に成長がある。

「自分とは正反対の価値観に共感しよう。」

知っておかなければならないこと
※1割(10分の1しか返ってこない)


親→子

子どもは自分なりの10の勉強をしているとする。

1割しか返ってこないを知っておかないと
大きな期待をしてしまう。

10頑張れば10の結果が返ってくる。

みんなが3くらいしかやっていないのに
自分は10も頑張った。

1の結果が出ればいいほう。
0の場合もある。

10の努力をしたら10の結果が返ってくるはずなのに
1の結果しか返ってこないからやる気を落としている。

親から子どもを見ると
まだまだ勉強できる箇所が
あると思っている。

10の行動しかしていないから
90足りないと思って見ている。
「もっと勉強しなさい」

子どもは自分なりの頑張っている。
「なんで頑張っているのに認めてくれないんだ」

親:理解なしの共感
「もっとできることがある」

子ども
「自分を理解してくれない人の話なんて聞きたくない」

溝が深まり親子での関係が断然してしまう。

子供は子供で共感を求めあう。
「親がうるさい。認めてくれない」

親は親で共感しあう。
「勉強しない。言うことを聞かない」

お互い心地の良い空間で群れる。

解決するには?

親が子供の気持ちを【理解からの共感】を示す。
「自分も小学生の時は勉強は苦労したな」
「私はこうやって乗り越えてきたよ」

子供は認めてもらったら話を聞く。

精神年齢=相手を理解することができる能力。

相手のことを理解できればできるほど
精神年齢が高い。

実年齢50歳→精神年齢20歳もいる
実年齢20歳→精神年齢50歳もいる

どれだけ相手のことを理解できるか?

※世の中の全ての人は
・理解されてないと思っている
・評価されてないと思っている
・褒められていないと思っている

このコトを理解しておく必要がある。

違う塾に行けばもっと成績があがる。
転職すればもっとしいい仕事がある。
起業すればこの問題が解決する。

どれをやっても1割しか返ってこない。
理解しておかないと辛い人生が待っている。

【理解からの共感】
ができることで精神年齢が上がる。

このスキルがある人だけが
相互依存のステージに行ける。

相互依存
自立した人同士がお互いの強みを
活かし合って協力しあう。
無限の可能性を秘めている。

自分と似ている境遇だけでなく
異なった価値観の人達とも共感できる。

多くの人から応援され好かれる。
地位、名誉、お金を手に入れられる。

みんなが認められたいと思っている。

それを満たしてあげるスキルも持てば
結果的に大きなお金になる。

この記事を読んでそう思える
自己実現欲求が高い可能性がある。

それに向かって行動できる人が
成功者になっていく。

成功=本能の逆を行く。

何か1つでもあなたの気付きになれば嬉しいです。

今回も長文にお付き合いくださり
ありがとうございました。

記事が参考になったらクリックお願いします


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

 

メルマガではより濃い情報などを発信してます。

問い合わせフォームからのコンサルの依頼は全てお断りさせていただいております。コンサルの案内はメルマガにてお知らせします

→メルマガはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です