あがり症を薬を使わず克服させる方法

LINEで送る
Pocket

桜井です。

今回も文章をお読みくださり
ありがとうございます。

今回のテーマは
【あがり症を薬を使わず克服させる方法】
について書いていこうと思います。

□なぜあがるということが起きるのか?
□どうすれば人前で話すことができるようになるのか?

解決法
【自分にとって居心地のよい空間を創る】

どういうことなのか?
順番の追って説明していきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

□なぜあがるということが起きるのか?

普段自分があがってしまう状況をイメージしてみましょう。

それはどんな時でしょうか?

おそらく状況の程度の差はあるにせよ
これは間違いないはずです。

普段やっていないことをする時
・大人数の前でのスピーチ
・結婚式の挨拶
・新しい環境へ飛び込む一日目

【自分のとって居心地の悪い空間】
にいると【あがる】状況になる。

ヒトは物理的、無意識どちらにも
「居心地の良い空間」をもっています。
(コンフォート・ゾーン)

物理的な空間

居心地が良い
・自宅
・行きつけのカフェ
・お気に入りのレストラン

居心地が悪い
・初めていく場所
・行きなれてない所
・普段逢えない憧れの人に会う

精神的

居心地の良い空間
・同じ位のセルフイメージを持つ人

似たような人達を
グループを作るほうが
安心できる。

居心地の悪い空間
・自分よりセルフイメージが
圧倒的に高いグループに入る。

あがる

自分にとって居心地の悪い空間に
飛び込むことであがることがおきる。
コンフォート・ゾーンの外側。

逆に言えば
【居心地のよい空間】
を創ればあがることがなくなります。

あがりに関してかわりやすい例を挙げてみます。

サッカーの試合の勝率

サッカーのリーグ戦は1チーム対戦ごとに
年2試合行われます。

ホーム(自分達のスタジアム)
アウェー(相手のスタジアム)

グラフ
サッカー
ホーム・アウェーの勝率

ホームのほうが勝率が高いのは
コンフォート・ゾーンが関係してきます。

居心地良い環境
・サポーターの応援
・使い慣れたスタジアム

ホームの環境だと自分の能力を
いかんなく発揮できます。

アウェーだと自分の能力を
最大限発揮することが難しい状況です。

それが勝率に影響をしてきます。

コンフォート・ゾーンの中
能力を発揮できる。

コンフォート・ゾーンの外
能力を発揮できない。

本当の自分の能力を発揮したい場合は
【どうやって居心地の良い空間にするか?】
を考えればあがりが克服できるようになります。

□どうすれば人前で話すことができるようになるのか?

【自分にとって居心地のよい空間を創っていく】

創っていくことが重要になります。

普段緊張しない場面ならあなたも話すことができるはずです。
家族や友人と普段話しをしていますよね?

親しい人と時間を忘れて話してしまった経験はあるはずです。

「話す」能力は持っているはずです。

緊張や居心地の悪さから話すことができない状況ができます。

どうすれば話すことができるのか?

【居心地のよい空間を創っていく】


あなたが結婚式のスピーチを頼まれた。
(今まで一回もやったことがない状況)

・初めていく結婚式場
・来場者は100人

未体験のことばかり。
コンフォート・ゾーンの外。
居心地の悪い空間。

【失敗する人】
スピーチの本を読んで勉強したり
ネットで検索をしたり入念な予習をする。

しっかりとした原稿をつくる。

そのて手紙を結婚式で読む。

失敗する。

なぜ?

日頃やっていないことをやろうとしている。
(居心地の悪いこと)

いつも話してない形式ばった言葉などを
使おうとするのも良くない。
(意識しないとできないため)

あがり症になるために悪いことばかりが
強化される。

うまくスピーチできない。

【上手くいく人】
予習は必要最低限で良い
(伝えたいことを1つだけ決める)

手紙は読まない。

日常で使っている言葉で話せばいい。

100の来客者は無視をする。

スピーチを頼まれているなら
新郎・新婦どちらかと親しいはず。

【親しい人ひとりにだけに言葉を伝える】

自宅で1体1で話しているような環境にする。

1体1なら雄弁に話はいくらでもできる。

1体100を意識した瞬間にあがり症が発動する。

なぜなら普段1体100人で話す状況がないから。

【本当に無視でいいのか?】

まったく問題ない。

なぜ?

100人の参列者側はスピーチを聞いていない。
自分のことのほうが興味がある。

自分が参列者側になったことをイメージしてみる。
「お腹空いたな」
「はやく乾杯の音頭にならないかな?」

スピーチを真剣に聞く人なんてほぼいない。
いち素人のスピーチに期待をしているなんてことはない。

だったら
【届けたい相手1人にだけ】
届く言葉を普段の言葉遣いで届ければ問題ない。

人に伝えるために重要なことは?
正しい日本語ではなく
論理的に正しい文章でもなく
【あなたの感情】を伝えること。

単純に自分の思ったこと感情を伝えればいい。
「おめでとう」
「花嫁姿キレイだね」
「幸せそうで本当によかった」

結果的に参列者側にもそれが伝わって
「素晴らしいスピーチだった」と
言ってくれる人がいる。

□まとめ

今回はあがり症の克服方法を
お伝えさせていただきました。

普段にやっていないことを
【どのようにして居心地の良い空間にするか?】
を考えるような環境を創っていけばあがり症は克服できます。

その意味では常にやっていることは
あがり症ではなくなるということです。

逆に言えば習慣化してしまえば
どんなことでもあがり症ではなくなります。

「あがり症克服したい」なら
解決するための新しい習慣を創ること
をオススメします。

いきなり人前で話すのではなく
【自分の言葉を音声にとってみる】
など小さな行動を積み重ねていってください。

1日1ミリでも進化成長していれば
1年後は全く違った自分になっているはずです。

何か1つでもあなたの気付きになれば嬉しいです。

今回も長文にお付き合いくださり
ありがとうございました。

記事が参考になったらクリックお願いします


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

 

メルマガではより濃い情報などを発信してます。

問い合わせフォームからのコンサルの依頼は全てお断りさせていただいております。コンサルの案内はメルマガにてお知らせします

→メルマガはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です