読書を通して自分と向き合うたった1つの方法

LINEで送る
Pocket

桜井です。

今回も文章をお読みくださり
ありがとうございます。

今回のテーマは
【自分と向き合う方法】
について書いていこうと思います。

・なぜ自分と向き合うことが必要なのか?
・自分と向き合う具体的な方法

□なぜ自分と向き合うことが必要なのか?

人生を歩んでいく中で2つの状態がある
①上手くいっている
②上手くいっていない

①上手くいっている
問題ない。

②上手くいっていない
他人の価値観で夢を追いかけている時。


「あなたの理想の生活とは?」
高級マンションに住んでみたい。

それが本当の自分の願望でない可能性が高い。
CM・雑誌・テレビ番組

自分のほんとうの願望でなく
外部からの情報を無意識で取り込んでいる。

赤ちゃんの生まれたては潜在意識が透明な状態。

親・学校・友達・上司・マスコミ
様々な情報を聞き
【これがいい】
と洗脳されている場合がある。


みんなが所持しているから欲しい。
持っていないと仲間はずれにされる。
(こころから欲しいものではない)

【本当は自分は何をしたいのだろう?】

洗脳をされているとだんだんわからなくなってくる。

人の行動の9割は無意識で行われている。

考えて選択しているようだが実は無意識で選んでいる。

「なんとなくこれが良い」・・無意識

無意識は何で創られているか?

外部からの情報。

今まで生きてきた間の情報が無意識を創る。

無意識が価値観となる。

①上手くいっている

実際にうまくいっている場合

たまたまの可能性がある
・自分の価値観=他人の価値観
一緒だった時

②上手くいっていない

・自分の価値観≠他人の価値観

他人の価値観の夢を追いかけている場合

「本当の自分のココロが望んでいない状態」

情熱やエネルギーが湧いてこない。

自分が本当に望んでいることではないから。

自分が本当に望んでいることは叶う。

自分の本心を見つけるのが大事。

その方法
【自分と向き合う】
「自分はどんな人間にないたいのか?」
「何が欲しくてどんなことがしたいのか?」

強制的に自分と向き合う時間が必要になる。

一見ムダな時間のように感じるかもしれないが
今後の人生を左右する重大な時間。

□自分と向き合う具体的な唯一無二の方法

【ひとりっきりで本を読む】

数千年前から変わっていないたった1つの方法。

大切なのは「どの本を読むか?」ではない。

【ひとりっきりで本を読む】ことに意義がある。

読む本はなんでもいい。
(自己啓発、お気に入りの小説)

文字に一対一で向き合うことが大切。

映画・テレビ・DVDなど受動的な状態ではダメ。

文字と向き合うことで積極的にイメージを想像する。

文字情報の場合は文字の情景を自分で想像する必要がある。
(能動的)

あえて自分が想像しないといけない情景と向き合う。

本を読んでいて
「これはやったほうがいいな。できていないな」
と自分のココロが痛む場合は【自分の本心】

本当の自分=良心

良心と向き合うためには文字情報が最適。

□まとめ

人と会えば情報に触れる。

ネット・テレビ・雑誌などの情報

人や情報に流されなくするのは事実上不可能。

流されっぱなしが良くない。

自分と向き合う時間を創る。

その時そのタイミングで
【自分の読んだほうが良い本】
をひとりっきりで読む。

本を鏡として【自分自身と向き合う】

ココロが痛むことを修正する。

何か1つでもあなたの気付きになれば嬉しいです。

今回も長文にお付き合いくださり
ありがとうございました。

記事が参考になったらクリックお願いします


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

 

メルマガではより濃い情報などを発信してます。

問い合わせフォームからのコンサルの依頼は全てお断りさせていただいております。コンサルの案内はメルマガにてお知らせします

→メルマガはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です