現代版の頭が良くなるたった1つ要素

LINEで送る
Pocket

桜井です。

今回も文章をお読みくださり
ありがとうございます。

今回のテーマは
【頭が良くなるたった1つ要素】
について書いていこうと思います。

今回の結論を先に言っておきます。

たった1つの要素

【笑うこと】

となります。

なぜ笑うことが必要なのか?
を説明をさせていただきます。

・頭が良い定義は時代によって変化する
・現代版の頭がよくなる方法
・親の世代が頭の良い子をダメにする?

・頭が良い定義は時代によって変化する

過去の20世紀の頭の良い定義
・知識が豊富
・知っていることが多い
・答えがあることに回答できるか?
・テストの点数で優劣が決まる

暗記力がある人=頭の良い人

現代の頭の良い人の定義は変わってきた。

ネット社会である現代に
暗記力があることに価値はない。

答えがあることは調べれば回答が出てくる。

21世紀には何が必要なのか?

頭の良さは何よって決まるのか?

【答えがないことを解決できる能力】

どれだけ答えがないことに自由な発想ができるか?

・仮説を立てる力
広い視野から
「こうすれば上手くいくんじゃないか?」
仮説を立て実行・検証してく。

仮説(アイデア)を何パターンも出せる人。

現代の頭の良い人の定義。

21世紀は答えのないことが多数ある。

チャレンジしてみないと成功できるかわからない。

毎年日本の人口が50万人程度人口が減っている。
少子高齢社会。

過去にこのような事例がない。=初めての事例。

昔の歴史をさかのぼって研究しても100%答えはない。

答えがないことに対してチャレンジする。

・現代版の頭がよくなる方法

【笑う】

脳科学によって証明されてきている。

笑う=自分で自分を笑っている


見るからに真面目そうな政治家。

国会中継のテレビで転んだ。

頭のカツラが取れた。実はハゲだった。

これを観た視聴者が笑った。

笑った要因
・転んだこと
・実はハゲだった

他人(政治家)の行動に対して
面白いと思い笑った。

脳科学的には違う。

自分で自分を笑う。

思い込み
「こんな真面目そうな政治家がコケるはずがない」

先入観。思い込みが外れることで笑う。

自分の思い込みが外れたことに対して
もうひとりの自分が自分に対して笑っている。

頭の良い人ではないと笑えない。

どういうこと?

自分をもうひとりの自分で
見れる客観的な視点がないと笑えない。

よく笑う人は余裕がある人。

笑えば笑うほど
自分の固定観念が外れていく。

自分の思い込みが外れていくから
新しい発想が生まれてくる。

思考の枠が外れていって
外の広い視野を獲得できるようになる。

「これはおもしろそう」
「これをやったら上手くいくかな?」

常識の枠内から飛び出し
創造性豊かなアイデアがひらめく。

さらに頭の良が良くなっていく。

たくさん笑える人は頭の良い人。

現代版頭の良い人=笑う人。

笑う機会を増やせば
増やすだけ頭が良くなる。

・親の世代が頭の良い子をダメにする?

子どもを持つ親は気をつけなければならない。

頭が言いの定義が変化してる。

知識がある子
を育てようと失敗する。

昔の優秀な子はこうだった。
「単なる思い込み」

過去の優秀な子の定義
・おしゃべりしない
・黙々と勉強だけをする

時代が変わっていることに気付く。

学歴だけの社会ではない。

ではどうするのか?

【子どもに笑う機会をどれだけ与えられるか?】

教育熱心な親
子供にテレビを見せる場合も真面目な教育番組。

子どもが楽しめていないのに親のエゴで見せている。

子ども状態を確認する。

黙って観ているだけ。・・面白がってない。

バライティ番組を見せてもいい。

笑う=自分の固定観念が壊されている時。

想像していないことがあるから面白い(笑う)

固定観念が外れる。

笑うことで脳活動が活発に行われている。

子どもに笑う機会を増やしてあげる。

・自分がもっと笑う機会増やしたい場合。

自分が興味関心があることに参加してみる。

人との出会いが笑いを生む。

価値観が違う人の話を聞いたりすると
自分の中での固定観念が外れる。

「そんな風に考えるの?」
「その視点はなかった」

自分のことを話すために会うのではなく
新しい価値観・発想に触れることで
笑い=頭のよくなる機会を増やす。

環境を変えることで自分の頭も良くなる。

成功者に会える機会があったら
お金を払ってでも絶対に参加するべき。

注意点としては尊敬できる人の言葉には従う。

成功者とは自分は違うと思った時点で終わり。

同じ人間なのだからそんなに能力の差はない。

素直に従うことが成功の近道。

成功者の要素【素直】

何か1つでもあなたの気付きになれば嬉しいです。

今回も長文にお付き合いくださり
ありがとうございました。

記事が参考になったらクリックお願いします


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

 

メルマガではより濃い情報などを発信してます。

問い合わせフォームからのコンサルの依頼は全てお断りさせていただいております。コンサルの案内はメルマガにてお知らせします

→メルマガはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です